テクテクノロジー革命〜非電化とスロービジネスが未来をひらく
定価 1,260円(税込)
販売価格 1,200円(税込)
購入数

本当にこんなにエネルギー使っていいんでしょうか?でんきをなまける、またはアンペアダウンをするヒントにきっと出会えるはずです!

シリーズ監修/辻信一
企画・編集/ゆっくり堂
出版社:大月書店
新書判:160ページ


(著書より)

テクテクと人間らしいペースで歩む
科学技術、それがテクテクノロジーだ。

20世紀が終わる2000年、藤村さんが取り組み始めた
壮大なテーマ、それが「非電化」だ。

非電化の思想に導かれながら、「豊かさ」幻想を
突きぬけ、その向こう側に夢を描いてみたい。

辻信一


目次:

はじめに   辻 信一

第1部 ●ある文明の終わりに

「発明は必要の母」の時代
「愉しさ」が主題になった
私はアマノジャク
息子の病気がきっかけで目がさめた
新しいことはやってみなくちゃわからない
わかっていることとわかっていることの組み合わせ
ローカル化と非電化は発明家の出番!
「なんだ、やれることはたくさんあるんだ」
発電すればするほど地球を冷やす方法
コピーライトばかりでなくコピーレフトを
いいもの+安いもの+いい人がつくったもの
悪い発明 VS. いい発明
ちまちましたことを愉しくつづける
発明家にとってもおもしろい時代がきている
競争より感動
繊細でもいい、でも、たくましく生きる
科学はなぜ謙虚さを失っていくのか
子供の言葉で科学の本質を伝える

第2部 ●非電化+ローカル+ビジネス!

エネルギーとはどういうものか
電気のお話
ハイブリッド車人気の陰で
「オール電化住宅」という罠
息の長い発明
発明は「便利」や「豊かさ」を問い直す
アフリカは本当に貧しいのか?
モンゴルの遊牧民は何に困っているのか?
非電化冷蔵庫 in モンゴル
馬力発電機とバッテリー再生
リープ・フロッグ−先進国をカエルのように飛び越える
「ナイジェリアにも来てください!」
非電化のジュース工場
世界一「不幸せ」な国ぐにの幸せそうな人びと
籾すりクラブ in ジャパン
「いいこと」と「好きなこと」が重なるところ
発明のテーマの見つけ方
自給率を上げるローカルなビジネス
藤村博士のちょっとスローな太陽光発電

おわりに   藤村靖之 

★★『ゆっくりノートブック』シリーズ三冊以上のご購入で送料無料!!★★
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける