あなたが世界を変える日〜12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ
定価 1,050円(税込)
販売価格 1,000円(税込)
購入数

日本にもこれから
セヴァンのような子供たちが
出てくることだろう。
それは、もしかしたら
この一冊の本からはじまるのかもしれない。(坂本龍一)


著者:セヴァン・カリス=スズキ/編・訳:ナマケモノ倶楽部/発行:学陽書房

1992年6月。ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ。環境と開発に関する国連会議(環境サミット)。ひとりの少女が壇上に立ち、集まった世界中の指導者たちを前に、語り始めた。

「どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください」


1992年6月11日、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで、国連の地球環境サミットが開かれました。
当時12歳だったカナダ人で日系4世、セヴァン・カリス・スズキという少女が子供代表としてスピーチをしました。
たった6分間の短いスピーチでしたが、このスピーチが世界各国から集まった政府のリーダーたちに衝撃を与え、多くの大人たちは流れる涙を拭おうともせずセヴァンを祝福し、ロシア前大統領のゴルバチョフ氏、アメリカの副大統領だったゴア氏もかけよって、サミットで一番のスピーチだったと褒め称えました。

スピーチはその後、「伝説のスピーチ」として世界中に紹介され、今日に至るまで環境運動の指南書となっています。

本書では、その伝説のスピーチの全内容と、セヴァンがサミットにでることになった経緯やその後、
日本の読者へのメッセージ、ROR JAPAN(日本に住む私たちが果たすべき環境への責任)などを収録しています。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける