そろそろスローフード〜今、何をどう食べるのか?
定価 1,260円(税込)
販売価格 1,200円(税込)
購入数

シリーズ刊行開始!ゆっくりノートブック

シリーズ監修/辻信一
企画・編集/ゆっくり堂
出版社:大月書店
新書判:160ページ


(著書より)

スローフードは、つまり、スローライフなのだ。
ぼくたちはもうそろそろ、スローフードの真髄に
出会わなければならない。

「そろそろ」は、慌ててズカズカバタバタと走る代わりに、ゆっくり、品よく、
愉しみながら、慎みをもって、感謝を忘れずに、そろりそろりと歩いていこう、
という意味でもある。

エコロジー思想としての「スローフード」は、いよいよ地球温暖化という
危機の時代の合言葉になるだろう。

                                      辻信一


目次:

はじめに   辻 信一

第1部 ●ますますファストフード化する世界

1.生きものたちの失われた時間と空間

映画「いのちの食べかた」をみて
「暴力化」する囚われの身の動物たち 
「ハッピーなチキン」はうまい? 
ぼくはなぜ牛肉をやめたか
戦後の食育はアメリカの戦略だった

2.ダーウィンの悪夢」から漁業の今をのぞく

日本のレントゲン写真 
魚を乱獲する日本人 
エスノ・エコロジーと先住民の知恵 
「自然の経済」は請求書を送ってこない 

3.食のプロも意外に知らない食品添加物のこと

食品添加物が増えたわけ 
日本は化学調味料の輸出国 
調味料の地方分権とは 
ドレッシングを売るための策略 

4.遺伝子組み換えはほかの問題とつながっている

遺伝子組み換えだけは「NO」と言いたい 
地球温暖化を利用する人たち 
人が飢えても車に食わせる 
ローカルでつながって新のグローバルに 

5.哀しきファストフード

砂糖と人工甘味料が引きおこす問題 
いつ、どこから食生活は変わったか 
「健康」や「安全」に振りまわされない 

第2部 ●スローフードがつくる新しい世界

1.共に生きる、共に食べる

コミューナルな食の在りかた
イタリアには抵抗力があった
料理する男がカッコいい
家族の食事の風景
地方料理の再発見からスローフード・ムーブメントへ
日本のスローフード・ブーム
スローフード運動はもうひとつのグローバル化
日本のスローフードのほんの一例
「のさり」─授かりものとしての食
母なる大地につながり直す
山と海のスローフード
土を見なおす若者たち
「持続可能な贅沢」を楽しむ時代

2.食べることで生きかえる

だれでもコーヒー1杯でひと息つける場
日本の喫茶店がすたれたのはなぜ?
地元の道理に見合う経済
カフェづくりと峠の茶屋の復活
「スローカフェ宣言」
コミュニケーション復活の場
寺をカフェに、ガソリンスタンドをエコステーションに
マクドナルド化する社会をどうする?
均一化・効率化の対極の方法
豊かさって、なんだっけ?
「美しい村」と「地元学」 
品格ある食事って?
食卓力とパーティ力

おわりに   島村菜津 
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける