自然エネルギー革命をはじめよう - 地域でつくるみんなの電力
定価 1,890円(税込)
販売価格 1,800円(税込)
購入数

『自然エネルギー革命をはじめよう - 地域でつくるみんなの電力』
著者:高橋 真樹
発行:大月書店
ページ数:224頁
定価:1800円+税
発売日:2012年11月20日

【内容紹介】
飯田哲也氏も推薦!
脱原発のカギはここにある!




北海道から九州まで、各地の自治体や市民がとりくむ自然エネルギー活用の実例をルポ。どうやってお金を集め、エネルギーを生み、循環させるのか?
3・11の震災から活発になった「市民電力会社」など、創造的な動きから、脱原発への希望の回路が見えてくる。

<著者からのメッセージ>
自然エネルギーは、原発に象徴される大規模集中型のエネルギーシステムを、小規模分散型に転換していくために欠かせないツールです。しかし、それをうまく機能させるためには、地域や市民がしっかりと関わっていかないといけません。大切なのは、これまで大きなものに依存させられてきた地域や市民の手に、エネルギーだけでなく、自分たちのことを自分たちで決めるという意識を取り戻していくことです。私が全国の取り組みを取材してつくった本書には、そうした脱原発後の社会に向けた、ヒントとメッセージが、たくさん詰まっています。

<目次>
・はじめに:エネルギーシフトへのカギ
・プロローグ:あなたの町に電力会社をつくろう!
・犠蓮地域でつくるみんなの電力
  市民風車に風が吹く
  「おひさまの町」からはじまる太陽光革命
  「省エネ」という発電所
・蕎蓮Юこ初!自然エネルギーによる災害支援
  眠れる巨人、太陽熱の底ヂカラ
  太陽光おじさん、走る!
  100年の森をつくりたい
・珪蓮日本版「自然エネルギー革命」をはじめよう!
  3・11後の「エネルギー・デモクラシー」
  次世代のためのローカルビジネス
  地熱大国ニッポンの夜明け
  市民電力会社をつくろう!
・あとがき:「日本」というシステムを転換するために

<高橋 真樹>
ノンフィクションライター。平和協同ジャーナリスト基金奨励賞受賞。国際NGOスタッフとして核廃絶や難民支援などに取り組んできた。近著に『紛争、貧困、環境破壊をなくすために世界の子どもたちが語る20のヒント』(合同出版)、『観光コースでないハワイ』(高文研)、『カラー図解 ストップ原発4 原発と私たちの選択』など。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける