降りる思想 - 江戸・ブータンに学ぶ
定価 1,785円(税込)
販売価格 1,700円(税込)
購入数

『降りる思想 - 江戸・ブータンに学ぶ』
著者:田中 優子、辻 信一
発行:大月書店
ページ数:224頁
定価:1700円+税
発売日:10月19日(金)

【内容紹介】
懐かしいつながりへの下降――

今、大きな「転換」のとき
3・11後を生きる知恵がここにある

「さがる」のでも「おちる」のでもなく、ぼくたちは降りていく
人間の本性へと、自然へと、いのちへと、


私たちには今、降りることが必要とされている。
そのモデルは江戸とブータンにあると、辻さんと江戸文化研究者の田中 優子さんが自分たちの人生を振り返り、311を踏まえた今、生活に根ざしたしなやかな思想について語りあう対談集。

書評:野上暁「ポスト3・11の3S(スロー・スモール・シンプル)な提言」
http://www.books-sanseido.co.jp/blog/takumi/2012/10/post-439.html

[はじめに] 「降りる」ということ
[第一章] 3.11後の世界と自分
[第二章] 江戸・ブータンへの道のり
[第三章] 江戸時代から考えるスローライフ
[第四章] ブータン探訪記
[終章] サティシュ・クマールに導かれて
[おわりに] わたしたちの降りる場所

<田中 優子>1952年生まれ。法政大学教授。研究範囲は江戸時代の美術、生活文化、海外貿易、経済、音曲、「連」の動き、東アジアや江戸の交流・比較研究、布や生活文化を中心にインド・東南アジアと江戸の交流・比較研究など。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
この商品を買った人はこんな商品も買っています