ブータンの香りしびれる花山椒

販売価格 350円(税込378円)
購入数

東ブータン、ペマ・ガッツェル県から届いた花山椒。ナマケモノ教授こと辻信一さんが通うチモン村がある、インド国境から陸路で2日かけていく自給自足の村です。

ワイルドな状態で収穫されているので、小枝も少し混じっていますが、農薬などつかわない自然栽培の花椒は、ツンとした香りと強烈な後味が特徴です。中華料理(四川料理)にあいますが、炒め物全般、ほか、眠気覚ましの匂い袋などにもおすすめです。

チモン村については、アジアの叡智シリーズ「タシデレー祈りはブータンの空に」をご覧ください。


Your recent history

Mobile