ガンジーの教育論
定価 864円(税込)
販売価格 800円(税込)
購入数

ガンジーは1937年に『新しい基礎教育』を提唱する。ガンジー全集より、教育に関するガンジーの提言を、ガンジー思想研究者の片山佳代子さん翻訳・編集した。

「書物の知識ばかりを頭に詰め込み、労働を軽蔑することが人間を駄目にしている。知性を伸ばすには、肉体労働を知的に行うのが最善のやり方だ。だから、 肉体労働を通した教育が必要だ」とガンジーは主張する。非常にユニークだが、失業の問題、環境破壊、心の荒廃など、今日の私たちが抱える深刻な問題を解決するヒントがここにある。

●M.K.ガンジー(1869〜1948)
インド独立の父。糸紡ぎを日課とし、手工業の復活を唱える。単なる政治的独立だけではなく、全ての人に仕事と必需品が行き渡る社会を目指した。ただの一人も排除されない社会こそ、非暴力の社会であるとして、そのための手段となる糸車を非暴力の象徴と見ていた。

●片山佳代子
1993〜94 年に夫の海外赴任に同行して、インドで暮らす。その時にガンジーの糸紡ぎの思想に出会い、以後ガンジーの思想を伝えることをライフワークにする。ガンジーの著書を翻訳するとともに、糸紡ぎ
のワークショップを開催している。訳書『ガンジー・自立の思想』(地湧社)
http://homepage1.nifty.com/kayoko (ガンジー思想と私)
http://mkgandhi.cocolog-nifty.com/blog/ (ガンジーの言葉の窓)
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける